「WP-PageNavi」を使って古い記事へ簡単にアクセスできるようにする

「WP-PageNavi」を使って古い記事へ簡単にアクセスできるようにする

WordPressで記事の投稿を続けてページ数が増えてくると、古い記事を見るために「次ページへ」を黙々とクリックし続けるのは時間がかかって大変面倒かと思います。

こんな時に便利なのが、「WP-PageNavi」というプラグインです。「次ページへ」という単純なリンクを番号付きのページナビゲーションに変える地味ながらも便利なプラグインです。

導入手順

WordPress.orgよりダウンロードして、管理画面の「プラグイン」からインストールしてください。有効化を行うと、管理画面の「設定」に「PageNavi」が追加されているかと思います。

c_01

ここでページナビゲーションに関する設定が可能です。表示するリンクの増減や、テキストなどを細かく設定することができます。設定が完了したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

残念ながらこのプラグインはインストールしたらすぐに利用できるようにはなっていません。テンプレートファイルに以下のコードを埋め込む必要があります。

<?php if(function_exists(‘wp_pagenavi’)) { wp_pagenavi(); } ?>

または

<?php wp_pagenavi(); ?>

 

どのテンプレートファイルに埋め込むかは使用しているテーマによって異なります。今回はTwenty Twelveテーマを使用したので、Functions.phpに埋め込みました。

c_02

上手くできていれば下の画像のようなページナビゲーションが表示されていると思います。

c_03

まとめ

目的の記事に辿り着くまでに「次ページへ」をクリックし続けなければならないという、とても面倒なことを解決してくれるプラグインです。ただ、使うためにテンプレートファイルにコードを埋め込む必要があるという点では、中級者向けのプラグインであると思います。難しいと感じる方はページナビゲーション付きのテーマを使うようにするのをおすすめします。


コメントする