「WordPress Database Backup」で複雑なバックアップを楽にする

「WordPress Database Backup」で複雑なバックアップを楽にする

コンピュータを使う時、バックアップは必然であると言っていいでしょう。WordPressでもそれは同じことです。WordPressではデータベースを構築する際にMySQLを使いますが、このMySQLにもバックアップ機能は付属しています。しかし、初心者には複雑で使い辛いと思います。

そんな複雑なバックアップを簡単に行うことができるプラグインには「WordPress Database Backup」があります。このプラグインを使うことで、初心者でも複雑なコマンドの入力を必要とせず、簡単にデータベースのバックアップを取ることが可能です。

導入と使い方

まずはWordPress.orgからファイルをダウンロードしましょう。管理画面のプラグイン>新規追加へ進み、インストールを行ったら有効化します。有効化すると、管理画面の「ツール」内に「バックアップ」という項目ができているかと思います。

e_01

「バックアップ」をクリックすると、次のような画面が開きます。ここでWordPressのバックアップやバックアップに関する各種設定を行うことが可能です。

「テーブル」ではWordPressの各テーブルにチェックを入れることでバックアップするかどうかの設定を行います。左側の項目は常にバックアップされる項目で、右側の項目を好みに合わせてチェックを入れていきましょう。

e_02

「バックアップ設定」ではバックアップファイルの保存先をサーバーか自分のコンピュータ、またはWordPressのメールアドレス宛に送信するかが選択可能です。「バックアップ!」をクリックすることですぐにバックアップが開始されます。

「定期バックアップ」は定期的にバックアップする設定を行います。“1時間に1回”から“週1回”までが選択可能です。定期バックアップは設定したメールアドレス宛に送られます。

e_03

まとめ

「WordPress Database Backup」はクリックで簡単にバックアップを保存することが可能なので、初心者に優しい作りになっています。突然のトラブルでデータが消えてしまったということが無いように、このプラグインでバックアップをしていきたい所です。

 


コメントする