カスタムフィールドの作成を簡単に行うことができる「Advanced Custom Fields」

カスタムフィールドの作成を簡単に行うことができる「Advanced Custom Fields」

WordPressはカスタムフィールドを使うことで、記事に任意の情報を追加したりすることができます。工夫次第では自分のWebページを思い通りに拡張することも可能です。ですが、標準の状態では少し使いづらい部分もあるかと思います。

こんな時にあると便利なのが、「Advanced Custom Fields」というプラグインです。このプラグインを使うことで簡単にカスタムフィールドを作成することができます。

導入と画面の見方

まずは“WordPress.org”から「Advanced Custom Fields」をダウンロードしましょう。次に自分のWordPressにログインして、プラグインの新規追加からインストールを行い、有効化しましょう。

有効化を行うと、サイドメニューに「カスタムフィールド」という項目ができたかと思います。

a_01

クリックすると、カスタムフィールドの編集画面へ移ります。最初の状態では何もないので、新規追加で新しく作っていきましょう。青い「新規追加」と書かれたボタンをクリックします。

a_02

「フィールドグループを新規追加」と書かれた下のテキストボックスにフィールドグループ名を入力しましょう。グループ名を入力したら「+フィールドを追加」からフィールドを入力していきます。

a_03

ほとんどの部分は日本語で書かれているので、そこまで困ることは無いと思います。新しいフィールドを追加するときも「+フィールドを追加」で画面を移行することなく編集ができるので大変便利です。

まとめ

WordPressのページはそのままの状態だと地味であるため、カスタムフィールドを使ってどんどん拡張していきたいところです。この「Advanced Custom Fields」を使えば編集をある程度楽にしてくれるので、是非とも導入したいですね。


コメントする